露軍、ウクライナ東部ドネツィク州16の自治体を砲撃=各地情勢

露軍、ウクライナ東部ドネツィク州16の自治体を砲撃=各地情勢

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面的侵略を続けるロシア軍は4日、ウクライナ東部ドネツィク州の16の自治体を砲撃、民間人が8名死亡、9名負傷した。

5日8時時点のウクライナ各州軍行政府の情報をもとにした報告書に書かれている。ウクルインフォルムが伝えた。

ドネツィク州(東部):4日、攻撃を受けたのは、アウジーウカ、マルインカ、ザリーズネ、カリノヴェ、トレツィク、バフムート、コスチャンティニウカ、カムヤンカ、オチェレティネ、ノヴォセリウカ、ネタイロヴェ、ウマンシケ、ソロヴョヴェ、ニュー・ヨルク、ペルヴォマイシケ、カルリウカ周辺。損傷は、民間家屋14軒、集合住宅11軒、バス停2軒、教会、ガレージ、キャンプ場、アウジーウカ・コークス工場、スーパー「ATB」、ホテル。州内は、ガスが止まっており、水と電気の供給も一部停止。義務的避難が継続中。過去24時間で、住民8名が死亡、9名が負傷。

写真:国家警察

チェルニヒウ州(北部):4日、敵は7回国境隣接地域を砲撃。特に夜間ノウホロド=シヴェルシキー地区の村周辺を榴弾砲で砲撃。犠牲者・破壊なし。

(編集注:国境警備庁は、スーミ州(北部)でも2回、シャリヒネ共同体(120ミリ億系迫撃砲2発)とエスマン共同体(グレネードランチャー15発)にて攻撃が確認されたと報告している)。

ドニプロペトロウシク州(南部):ニコポリ地区とクリヴィー・リフ地区へ再び敵の砲撃あり。ニコポリでは、夜間に2回、敵が多連装ロケットシステム「グラート」で砲撃。犠牲者はなかったが、民間家屋と経済施設約10軒が損傷。ニコポリ地区ミロヴェ共同体では、侵略者はミサイルKh-59で攻撃、建物と送ガス管破壊。犠牲者なし。クリヴィー・リフ地区では、敵は多連装ロケットシステム「ウラガン」と榴弾砲で砲撃。犠牲者なし。

写真:レズニチェンコ・ドニプロペトロウシク州軍行政府長官

5日未明のニコポリへの焼夷弾砲撃の様子 動画:イェウトゥシェンコ・ニコポリ地区軍行政府長官

ザポリッジャ州(南部):夜間、ロシア軍は複数のミサイルで州都ザポリッジャ周辺を攻撃。最新情報では犠牲者なし。昨晩、ザポリッジャでは複数の爆発音が聞かれた。敵は、コンタクト・ライン沿いの自治体を砲撃。攻撃は、ザポリッジャ地区ノヴァ・オレクサンドリウカ共同体の村々に向けて行われた。民家と民間インフラが破壊された。住民1名が負傷。

ハルキウ州(東部):ハルキウ市のシェウチェンキウシキー地区、インドゥストリアリニー地区、サルチウシキー地区が大規模に砲撃された。住宅、店、市場、教育施設、公園が砲撃を受けた。3名が負傷。州内では、夜間にチュフイウがロシア軍に砲撃された。ロケット3弾が民間施設の敷地に、1弾はその近くに着弾。ロシア軍は過去24時間で、ハルキウ地区、イジューム地区、ボホドゥヒウ地区、チュフイウ地区を砲撃した。

写真:ハルキウ州検察

ルハンシク州(東部):敵はウクライナ軍の拠点を4回空爆。また、榴弾砲砲撃3回、多連装ロケットシステムも使用。2回戦車を使った襲撃あり。迫撃砲で6回攻撃。

ミコライウ州(南部):夜間と朝、ミコライウ市のコラベリニー地区への砲撃あり。民間家屋への着弾と複数の建物の損傷が判明している。夜間、コラべりニー地区は、多連装ロケットシステムを使ってクラスター弾で砲撃。朝からは、「ピオン」で攻撃あり。ミコライウ地区は今朝、ザイチェウシケへの砲撃確認。住宅と民間農業企業が炎上、車両が損傷。犠牲者なし。夜間、ロシア軍は、シェウチェンコヴェ共同体とハリツィノヴェ共同体を砲撃。犠牲者なし。昨晩のハルティネ村への敵砲撃にて、住民3名が負傷。バシュタンカ地区シローケ村郊外へ夜間砲撃があった。犠牲者なし。ベレズネフヴァテ共同体への砲撃続く。

ヘルソン州(南部):ほぼ全ての自治体から戦闘と爆発の報告あり。ベリスラウ地区とカホウカ地区の状況が引き続き危機的。砲撃と爆発はヘルソン市周辺と、隣接州と接する村で聞こえている。侵略者は、人の住んでいない住居からの金品を持ち出している。また、ロシア人は、「住民投票」の準備を継続しており、協力者や場所を探し、プロパガンダのためのメディア担当者を用意している。企業の奪取、機材の強奪が継続している。

その他の州は相対的に平穏だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-