ルハンシク州長官、被占領地からの住民の脱出ルートを説明

ルハンシク州長官、被占領地からの住民の脱出ルートを説明

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ルハンシク州のハイダイ州軍行政府長官は4日、同州のロシア軍に一時的に制圧されている地域から衝突ラインを通じた政府管理地域への脱出は現在不可能だとしつつ、代替のルートを複数紹介した。

ハイダイ氏がテレグラム・チャンネルに書き込んだ

ハイダイ氏は、「3つの脱出手段がある。1つ目は、ハルキウ州を通じたもの、ダムを歩いて渡るものだ。これは非常に危険だ。なぜなら、そのダムは砲撃を受けているからだ。2つ目は、ザポリッジャを通るものだが、そこは長時間行列に並ばねばならない。3つ目は、最も長いが、おそらく、ある程度穏やかなルートだ。それはロシアを経由し、バルト諸国かジョージアを通り、それからウクライナへ脱出するというものだ」と説明した。

同氏は、3つ目のルートは非常に長く、約2.5〜3日間費やさなければならないし、また安価な手段ではないとも指摘した。そして、「私たちの情報では、例えば、(そのルートを)通った人たちは、シェヴェロドネツィクからルハンシクまで到着するのに約9000フリヴニャ(245〜270米ドル)を払ったという。その後、占領とロシア連邦を抜け出すために、さまざまな国を通るのに、約300ユーロ払ったという」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-