ロシア軍のハルキウ砲撃 死者2名、負傷者21名=州長官

ロシア軍のハルキウ砲撃 死者2名、負傷者21名=州長官

写真
ウクルインフォルム
21日朝、ロシア軍は、ウクライナ東部ハルキウ市へと砲撃を行った。すでに2名の死亡、21名の負傷が伝えられている。

シニェフボウ・ハルキウ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて状況を伝えた

シニェフボウ氏は、「朝のハルキウのテロについて。州の緊急医療支援センターの情報では、現時点で21名が負傷、2名が死亡した」と書き込んだ。犠牲は、全て民間人であり、民間インフラのみ(商業施設、住宅、歯医者、公共交通機関)に被害が出ているという。

国家警察ハルキウ州総局のボルヴィノウ長官は、フェイスブック・アカウントにて、「テロ国家ロシアが朝、私たちの町をまたしても砲撃した。彼らの目的が、民間人にできるだけ多くの死者を出すことにあるのは明白だ」と伝えた。

砲撃は、暫定的に、多連装ロケットシステム「ウラガン」によるものだと評価されているという。

テレホウ・ハルキウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、本件につき「占領者は、2日連続で、ほぼ同じ時間に、公共交通機関の停留所に対して攻撃をしている」と伝えた

なお、ハルキウ市は、20日朝にもロシア軍の砲撃を受けており、13歳の児童を含む3名が死亡、1名が負傷したことが発表されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-