マリウポリ市長顧問、マリウポリ市民に避難呼びかけ

マリウポリ市長顧問、マリウポリ市民に避難呼びかけ

ウクルインフォルム
アンドリュシチェンコ・マリウポリ市長顧問は、ロシアが制圧したマリウポリに残っている市民に対して、ロシア侵略者が開いた、政府管理下ザポリッジャへの避難用回廊を利用するよう呼びかけた。

11日、アンドリュシチェンコ顧問がテレグラム・チャンネルにて書き込んだ

アンドリュシチェンコ氏は、「占領者がザポリッジャへの避難チャンネルを開いてから2週目だ。確かに、彼らは自分たちの軍の動きを隠蔽している。あなた方は自分で町を通る機材の車列を目にしているだろう。しかし、手段がある内は、それを利用して欲しい。次の機会はないかもしれないのだから」と書き込んだ。

また同氏は、ウクライナ南部ではすでに反攻が行われており、パートナー国が提供した武器が使われて、攻撃が敵の支配地奥深くに到達していると指摘した。

その上で同氏は、「あなた方は、占領者があなた方の建物の中にどのように倉庫、陣地、バラックを作っているか見ているだろう。それら全てが標的である。そして、あなた方は隣にいる。なぜなら、あなた方はロシア人にとっての『人間の盾』だからだ。軍事倉庫に着弾があれば、隣のアパートも弾薬爆発で被害が出る。自らを危険に晒さないで欲しい」と呼びかけた。

写真:AA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-