ドネツィク州、露軍多連装ロケットシステム砲撃で民間人6名死亡=各州情勢

ドネツィク州、露軍多連装ロケットシステム砲撃で民間人6名死亡=各州情勢

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドネツィク州のチャシウ・ヤルにて、9日夜のロシア軍の多連装ロケットシステム「ウラガン」での砲撃が4階建ての集合住宅に着弾、少なくとも住民6名死亡、5名負傷が確認、また瓦礫の下にはまだ34名が埋まっているという。

キリレンコ・ドネツィク州軍行政府長官がテレグラム・チャンネルにて伝えた

キリレンコ氏は、「救出作戦が続いている。上に引き出せたのは、死者6名、負傷者5名だ」と書き込んだ。

さらに同氏は、瓦礫の下にはまだ34名が埋まっているとし、その中には9歳の子供もいると伝えた。9日夜に「ウラガン」の砲弾が着弾した建物は半壊したとして、写真を公開した。

現場では、救助隊が活動しているとのこと。

東部ハルキウ州の州検察は、テレグラム・チャンネルにて、10日未明、ロシア軍がハルキウ市のスロビツィキー地区とオスノヴヤンシキー地区に対してミサイル攻撃を行い、教育機関が破壊され、62歳の男性が負傷したと発表した

検察は、「捜査班の情報では、2022年7月10日、3時30分頃、占領者たちはハルキウ市のスロビツィキー地区とオスノヴヤンシキー地区をミサイルで攻撃した。最初のミサイルは、教育施設敷地に着弾し、同施設が破壊された。もう一つのミサイルは、民間建物敷地に着弾。62歳の住民が負傷した」と発表した。また、隣接するサナトリウムも部分的に損傷したとのこと。

現在、初期捜査が行われていると書かれている。

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー/ウクルインフォルム

南部ミコライウ市のシェンケヴィチ市長は、9日朝の同市への露軍ミサイル攻撃により、民間施設が破壊され、集合住宅が損傷、自動車会社とガレージに被害が出たと伝えた

シェンケヴィチ氏は、「今朝、ロシア占領軍は、市に対して、S-300のミサイルを6つ発射した。対象となったのは、民間住宅、民間企業だ。幸運なことに犠牲は免れた」と書き込んだ。

同氏はまた、被害として、市内の1地区で民間の建物2軒がほぼ完全に破壊され、爆発の衝撃波と破片で周辺の建物の窓や屋根が損傷したと伝えた。さらに、ミサイルは、民間企業の敷地にも着弾し、自動車展示場に被害が出て、ガレージの窓も割れたと報告した。

写真:シェンケーヴィチ・ミコライウ市長(テレグラム)

別の地区では、ミサイルが企業の敷地に着弾。隣接する民間の建物3軒が損傷、集合住宅2軒でバルコニーが損傷したとのこと。

※編集注:7月11日10:13の修正点:チャソヴィー・ヤル→チャシウ・ヤル


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-