ロシア占領政権はクリミアで4か月間秘密動員を実施=クリミア・ウクライナ大統領代表

ロシア占領政権はクリミアで4か月間秘密動員を実施=クリミア・ウクライナ大統領代表

ウクルインフォルム
ウクライナ政権のクリミア政策を総括するクリミア自治共和国ウクライナ大統領代表部のタシェヴァ代表は、ウクライナ南部クリミア自治共和国のロシア占領政権がクリミアのウクライナ国民をロシア軍へと動員し続けていると報告した。

6日、タシェヴァ代表が記者会見時に発表した

タシェヴァ氏は、ロシア占領政権はクリミアにてすでに4か月にわたり秘密動員を行っており、ウクライナ国民をウクライナ国民との戦争に参戦させつつ、損耗に関しては実際の数字を明かさず、秘密裏に埋葬を行っており、親族にも戦死者についての情報を明かすことを禁じていると伝えた。

さらに同氏は、「4月、徴兵が始まった。現在、アクショーノフ・クリミア占領政権首長の6月30日付違法首長令により、動員の新しい波に移行している。動員キャンペーンの地域レベルでの創出であり、その課題は、軍事予備兵力の動員への準備である。今後、ロシア連邦はその予備兵力をウクライナに対する戦争に用いる計画だ」と発言した。

タシェヴァ氏はまた、ウクライナ国民を占領国の軍へと徴兵・動員することは、国際人道法規範、占領地における住民の徴兵を禁じたジュネーブ条約への著しい違反だと指摘した。同氏は、代表部はロシアの犯罪を文書化しており、関連情報はその後政権機関と人権保護機関へと提出すると伝えた。

同氏は、現時点でオープンソースと代表部が入手している情報から、ロシア連邦の兵士が108人一時的被占領下クリミアにて埋葬されており、その内、56名がウクライナ国籍を所有する者であることがわかっていると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-