「ルハンシク州制圧のリスクはあるが、リシチャンシクが現在ロシア軍の完全なコントロール下にあるとは言えない」=ゼレンシキー宇大統領

「ルハンシク州制圧のリスクはあるが、リシチャンシクが現在ロシア軍の完全なコントロール下にあるとは言えない」=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は3日、東部ルハンシク州がロシア軍に制圧されるリスクはあるが、現時点では、同州リシチャンシク市がロシア軍により完全なコントロールされているとは言えず、周辺で戦闘が続いていると発言した。

ゼレンシキー大統領がキーウ(キエフ)を訪問したアルバニージー豪首相との共同記者改憲時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー氏は、「ルハンシク州全域が占領されるというリスクはある。そのようなリスクはある。それは私たちはわかっている。しかし、あなた方はまた、状況が毎日変わる可能性があることも理解しておかねばならない」と発言し、ある場所を支配する側が毎日変わることはこれまでにもあったことだと補足した。

その上で同氏は、「そのため、リシチャンシクが(ロシア軍の)コントロール下にあると最終的に言うことは、私たちにはできない。リシチャンシクの周辺で戦闘が続いている」と発言した。

同氏はさらに、現在ルハンシク州は最も困難な状況にあるとしつつ、しかしその他の方面では「私たちは前進している」と発言した。

その他同氏は、現在ウクライナの課題は、ロシア軍に対して火砲の優位を得ることにあると強調した。

同氏は、ウクライナ軍はあらゆる可能なことを現在行っており、ウクライナへの武器供与の加速がその火砲優位を確保することになると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-