オデーサ州へのミサイル攻撃、集合住宅や休暇施設に着弾 死者20名以上

オデーサ州へのミサイル攻撃、集合住宅や休暇施設に着弾 死者20名以上

写真・動画
ウクルインフォルム
1日未明、ロシア軍はオデーサ州の複数地点にミサイル攻撃を行った。ビルホロド=ドニストロウシキー地区の集合住宅への着弾では、朝の時点で18名が死亡、30名が負傷、また休暇施設への着弾では、3名が死亡、1名が負傷した。

オデーサ州軍行政府長官報道官のブラッチューク氏は、テレグラム・チャンネルにて、1日未明に黒海側から爆撃機によるオデーサ州に対するミサイル攻撃が行われ、1発はビルホロド=ドニストロウシキーの9階建ての集合住宅に、もう1発は同地区の休暇施設に着弾したと伝えた

マルチェンコ・オデーサ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、1日未明にビルホロド=ドニストロウシキーの9階建て集合住宅への着弾の犠牲者は、同日9時時点で死者18人(内児童2人)、病院への搬送者31人(内4名児童、妊娠した女性1名)だと発表した。また、8名が治療を要請し、さらに8名が瓦礫の下にいる(内児童3名)だと伝えた

さらに、マルチェンコ氏は、同攻撃は爆撃機Tu-22による黒海方面からのもので、空対艦ミサイルKh-22により行われたものだと伝えた。

ビルホロド=ドニストロウシキーのミサイルの着弾した9階建て集合住宅 写真:国家非常事態庁(フェイスブック

また、ブラッチューク報道官は、同日6時時点で、休暇施設への着弾の犠牲者は、死者3名(内1名児童)、1名が病院搬送だと発表、建物が破壊されたと伝えた

動画:国家非常事態庁(フェイスブック)

さらにブラッチューク報道官は、8時22分時点で、夜間のオデーサ州の3回目のミサイル攻撃がさらに別の休暇施設に着弾したとし、詳細は後ほど発表すると伝えている

なお、ブラッチューク・オデーサ州軍行政府長官報道官は、6月30日の時点で、テレグラム・チャンネルにて、同日2機のSu-35から3発のミサイルKh-31Dによりオデーサ州の黒海沿岸が攻撃されたが、「成功していない」と発表していた。同時に、同氏は、「私たちは、ロシアのミサイル攻撃の確率が高くなっていることを喚起する」と警告していた。

トップ写真:国家非常事態庁(フェイスブック)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-