ウクライナ中部のショッピングモールに露軍のミサイル着弾 死者13名

ウクライナ中部のショッピングモールに露軍のミサイル着弾 死者13名

写真・動画
ウクルインフォルム
27日、ウクライナ中部ポルタヴァ州クレメンチュークのショッピングモールに、ロシア軍の放ったミサイルが着弾した。民間人の死者数は現時点で13名判明している。

ゼレンシキー宇大統領がテレグラム・チャンネルにて、同攻撃につき報告した

ゼレンシキー氏は、「占領者は、ミサイルにて、民間人が1000人以上いたショッピングモールを攻撃した。ショッピングモールは燃え上がっており、救助隊が消火を行なっており、犠牲者の数は想像すらできない」と書き込んだ。

同氏は、ショッピングモールにはロシア軍にとっての危険など一切なかったし、戦略的価値も一切なかったと強調した。

さらに同氏は、「人々は、ただ普通の生活を送ろうとしたいただけだ。それが占領者を苛立たせたのだ。ロシアは、自らの無力さを一般市民で解消し続けている。ロシア側から、適切さや人間性を期待するのは無駄だ」と指摘した。

国家非常事態庁広報室は、20時50分時点で、消火が続いていると報告した

発表には、「20時50分時点で、クレメンチューク市のショッピングモールの建物の火災の消火が続いている。火災現場には、10体の遺体が見つかり、医療施設には59名が連絡し、その内25名が搬送された(1名は病院で死亡)。計11名が死亡。情報を確認している」と書かれていた。

ウクライナ空軍は、フェイスブック・アカウントにて、クレメンチュークへ着弾したミサイルはKh-22であり、露クルスク州の中距離爆撃機Tu-22が放ったものだと発表した

発表には、「ロシア占領者は、中距離爆撃機Tu-22M3からクレメンチューク市のショッピングモールへミサイルKh-22を放った。露シストたちの航空機は、シャイコフカ飛行場を飛び立ち、クルスク州から発射した」と発表した。

ルニン・ポルタヴァ州軍行政府長官は同日夜、テレグラム・チャンネルにて、今回のミサイル攻撃による死者数は13人に上ったと発表した

写真:ルニン・ポルタヴァ州軍行政府長官(テレグラム)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-