キーウ市内にロシア軍のミサイルが集合住宅に着弾 住民の救出作業続く

キーウ市内にロシア軍のミサイルが集合住宅に着弾 住民の救出作業続く

写真・動画
ウクルインフォルム
26日、キーウ(キエフ)市シェウチェンキウシキー地区の集合住宅にロシア軍の発射したミサイルが複数着弾。現在住民の捜索・救助作業が続いている。

6時41分、クリチコ・キーウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、シェウチェンキウシキー地区にて複数の爆発が聞こえたことを報告。同市長は、7時1分には、救助隊が現場に到着し、2軒の建物で救助作業が行われていると伝えた

8時32分、市長は、瓦礫の下に住民がいる、一部住民は避難させ、2名は病院へ搬送したと報告。9時9分、市長は、瓦礫の下から7歳の女児を救助した、現在母親を救出していると伝えた。

ミサイル着弾現場周辺の様子 写真:マリヤ・コヴァリチューク/ウクルインフォルム

8時45分、国家非常事態庁広報室は、フェイスブック・アカウントにて、ミサイル着弾現場の写真と動画とともに報告を行った

国家非常事態庁は、「救助隊が首都シェウチェンキウシキー地区の敵砲撃の被害を排除している。6月26日6時29分、国家非常事態庁に首都シェウチェンキウシキー地区における火災につき通報があった。現場には、最も近い消火・救助隊が急行。到着次第、敵攻撃の被害を確認、総面積約300平方メートル敷地の9階建て集合住宅で火災発生、建物構造の1階から7階までが損傷、7、8、9階が部分的に破壊されていた。現在、消火と人命救助の方策が取られている。最新情報では、負傷者あり」と報告した。

トップ写真:国家非常事態庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-