露プロパガンダは日本の政治家を使ってウクライナを協議に向かわせようとしている=宇偽情報対策センター

露プロパガンダは日本の政治家を使ってウクライナを協議に向かわせようとしている=宇偽情報対策センター

ウクルインフォルム
ウクライナの国家安全保障国防会議(NSDC)傘下偽情報対策センターは、ロシアのプロパガンダメディアが日本の鈴木宗男参議院議員を利用してウクライナをロシアとの協議に向かわせようと試みているとの見方を示した。

23日、偽情報対策センターがテレグラム・チャンネルで報告した

報告によれば、6月22日、鈴木氏がロシアの国営メディア「リア」に対して、ロシアの対ウクライナ全面的戦争の責任はウクライナにあるとコメントしたとし、さらには「キーウ政権がミンスク諸合意を履行しなかったことに責任がある」と述べたという。

加えてセンターは、鈴木氏がこれまでもウクライナに速やかに降伏するよう発言していることを指摘し、具体的に、6月16日にヤフー・ニュース・ジャパンに掲載された「女性自身」の記事にて鈴木氏が、ウクライナが西側の支援なく自前で戦えないのなら、犠牲者を増やさないために潔く降伏することが重要だとの趣旨の発言をしていることを指摘した。

同時にセンターは、この記事にて、鈴木氏の発言に対して、ウクライナの領土一体性を支持している日本社会から批判の声が殺到したと書かれていることも紹介している。

その上で同センターは、6月26日にドイツで開催されるG7首脳会談を前に、ロシアは自らに忠実な政治家を通じてウクライナを協議へと向かわせようとする努力をこれまで以上に活発化しているとの見方を示している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-