ウクライナにおけるロシア軍は今後数か月で進軍できなくなる可能性あり=ジョンソン英首相

ウクライナにおけるロシア軍は今後数か月で進軍できなくなる可能性あり=ジョンソン英首相

ウクルインフォルム
英国のジョンソン首相は、ウクライナにおけるロシア軍は今後数か月でリソースが尽きて進軍できなくなる可能性があるとの見方を示した。

ジョンソン首相が欧州複数報道機関へのインタビュー時に発言した。ロイタールモンドが報じた。

ジョンソン氏は、プーチン軍はウクライナ東部ドンバス地方で人員と武器の多大な損耗をもって進軍していると指摘しつつ、「しかしながら、私たちの軍事インテリジェンスは、今後数か月で、一切進軍できなくなる時が来る可能性があると信じている。ロシアのリソースが尽きるためだ。であれば、私たちは、ウクライナの人々が大局をひっくり返せるように支援をすべきである。私は、G7首脳会談でそれを主張していく」と発言した。

また同氏は、反攻開始の際には、ウクライナが要求する武器の提供で同国を支えなければならないと主張した。

その他、ウクライナの勝利、プーチンの敗北は、どのようなものか、と質問されると、ジョンソン氏は、「最低でも2月24日まであった現状維持の状態を回復することと、ロシア軍が侵攻した領土から出ていくことだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-