マリウポリからは今も毎日60〜120人の市民を避難させられている=市長

マリウポリからは今も毎日60〜120人の市民を避難させられている=市長

ウクルインフォルム
ボイチェンコ・マリウポリ市長は、現在も同市から毎日ボランティアたちが60〜120人の市民を避難させることができていると発言した。

22日、ボイチェンコ市長がメディアセンター・ウクライナ=ウクルインフォルムでの記者会見時に発言した。

ボイチェンコ氏は、「ロシアへの(住民の)追放は続いている。彼らは、ウクライナ側への境界線はほぼ閉じてしまった。私たちには、『ヤギの小道』と呼ばれるものがあり、私たちはそれを通じて、今も住民を(編集注:政府管理地域へ)脱出させることができている。赤十字やら国連やらがやってきて、何千人も脱出させるようなプラクティスは、残念ながらもうない。ボランティアの人々のおかげで、私たちは毎日、60〜120人のマリウポリ市民をその地獄から引っ張り出せているのだ」と発言した。

同氏はまた、現在マリウポリには10万人以上の市民が残っており、また市民の2万人以上がロシア軍に殺され、さらに最大5万人がロシア方面へと追放されたと伝えた。そして、約4万人のマリウポリ市民が現在国外に滞在していると指摘した。

なお、今年2月24日のロシアによる全面的侵攻が始まるまで、マリウポリの人口は40万人強であった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-