和平合意はロシアの敗北後に可能となる=ウクライナ政権関係者

和平合意はロシアの敗北後に可能となる=ウクライナ政権関係者

ウクルインフォルム
ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、ロシアとの和平合意はウクライナの領土一体性が回復され、ロシアが敗北を喫した場合にのみ可能となるとの見方を示した。

ポドリャク氏がモルドバのニュースサイト「ニュースメーカー」へのインタビュー時に発言した

ポドリャク氏は、「今日の条件下では、和平合意には展望がなく、不可能である。今日戦争を止めることは、人々をウクライナへ戻すことを完全に断念することを意味する。そして、分断線に隣接することになる、例えば、ハルキウ、ザポリッジャ、ドニプロ、クリヴィー・リフや、その他どのような町にも、人々は訪れることがなくなるだろう。なぜなら、ウクライナ国民は、いついかなる時でもかつての烈度で戦争が始まるかもしれないことを理解しているからだ。その場合、誰もロシアを止められない。和平合意は、ウクライナ領土一体性が回復され、ロシアが不可避の敗北を喫した時にのみ可能となるのだ」と発言した。

同氏はまた、ウクライナは強い立場を得た時にのみ協議に向かうと発言した。同氏は、「協議プロセスとは、立場のぶつかり合いである。もしあなたが、明らかに弱い立場にあれば、協議プロセスにも、同様の立場から向かうことになり、最後通牒的な要求のみ受け取ることになる。東部前線で私たちが均衡ある武器の量を得て、ロシアに戦術的敗北を加えたら、私たちの立場を強めることは可能だ。その時には協議プロセスは、異なったものとなる。協議は、対立的であったとしても、最後通牒的なものではなくなり、ウクライナが支配的な立場から向かえるのだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-