ベラルーシのウクライナへの侵攻準備の観察されていない=国防省

ベラルーシのウクライナへの侵攻準備の観察されていない=国防省

ウクルインフォルム
ウクライナ国防省のモトゥジャニク報道官は、現時点で、ベラルーシ領から侵攻の準備は観察されていないとしつつ、潜在的な脅威は残っているため、ウクライナ側は国境付近地域への部隊を維持していると伝えた。

モトゥジャニク氏がテレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

モトゥジャニク氏は、「ベラルーシからの脅威は決して下がっていない。しかし、その国から再び侵攻が展開するには、強力な攻撃部隊の編成が必要となる。私たちは、ロシアの全面的侵攻の最初の数週間はそれを目にしていた。ベラルーシ共和国の非友好的行動のせいで、ロシアはあれほどに迅速にキーウ周辺へと到達したのだ。しかし、当時は非常に強力な部隊編成がされていたが、現在は、そのような部隊を私たちは目にしていない」と発言した。

同時に同氏は、敵の行動からウクライナ側はベラルーシとの国境沿いに維持せざるを得なくなっているとも発言した。

同氏は、「それがロシアの現在の戦術なのだ。主な攻撃はルハンシク州とドネツィク州に、残りは恒常的な砲撃、私たちの注意を逸らす行動、私たちの部隊への抑止である。そのような手段で、彼らは私たちに部隊をそこに維持させている。私たちは、そこから部隊を離したら、彼らが再び侵攻することができることをよく理解している。近い将来にそれはないと思っているが、しかし、その方面を強化しなくてはならなくなっている」と強調した。

さらに同氏は、現在のベラルーシ軍の兵力は6万人以上で、南部作戦司令部の設置に関連して、さらに約2万人が増加されると指摘した。ウクライナとの国境付近のブレスト州とホメリ州には、7個大隊が滞在しているとし、それは約3500〜4000人の兵力だと説明した。同時に、ベラルーシの複数自治体には、ロシア軍部隊も駐留していると指摘した。

加えて同氏は、「ベラルーシがロシア軍にあらゆる兵站を提供していることに関連して、ロシア軍が非常に迅速にベラルーシ領に予備戦力を投入する可能性は大いにある。しかし、侵攻には、準備が必要だ。現在、私たちはそれを目にしていない」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-