ルハンシク州行政府長官、同州戦況を説明 「シェヴェロドネツィクへの補給経路は維持」

ルハンシク州行政府長官、同州戦況を説明 「シェヴェロドネツィクへの補給経路は維持」

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ルハンシク州のハイダイ州軍行政府長官は18日、ロシア軍は全予備兵力をシェヴェロドネツィク方面とバフムート方面に投入しており、臨時州都シェヴェロドネツィクを完全に制圧し、同州とドネツィク州を結ぶ幹線を「切断」しようとしていると説明した。

ハイダイ州軍行政府長官がフェイスブック・アカウントにて報告した

ハイダイ氏は、「露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)たちは成功しておらず、大勢死んでいる。(編集注:マリウポリの製鉄工場)『アゾフスタリ』の情勢と比較は不適切である。状況は全く異なる。シェヴェロドネツィクへの全ての橋が壊されてはいるが、同市との繋がりは維持されている。避難とあらゆる必要な物の補給のための経路はある。リシチャンシクは、ウクライナが完全にコントロールしている。同市は常に砲撃を受けているが、『静かな』避難が行われているし、人道支援も毎日運び込まれている」と伝えた。

さらに同氏は、化学工場「アゾト」に隠れている人々は避難を拒否しているとし、国家警護隊が彼らが拒否を口にする動画を撮ったと説明した。

同氏はまた、「オークたち(編集注:ロシア軍の蔑称)は、意図的に人々が隠れている可能性のあるところを砲撃している。シェヴェロドネツィクの周辺の村は厳しい状況だ。激しい戦闘がメチョリキネで起きた。夜の出来事を待とう。予備兵力の投入数からして、近日中に大型の襲撃があるだろう」と発言した。

なお、ウクライナでは、2月24日からロシアの全面的侵略を受けている。とりわけ、ロシア軍は、4月中旬からウクライナ東部に戦力を集中して侵攻を続けている。

写真:ハイダイ州軍行政府長官


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-