ウクライナは正しいタイミングで協議に戻る=政権関係者

ウクライナは正しいタイミングで協議に戻る=政権関係者

ウクルインフォルム
ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は16日、現在のロシア側からの協議に関する提案はいかなるものも、対話の準備があるかのような幻想を作り出すために世界を騙すためのものであり、その後の侵攻再開のための戦力を集めるために利用されると指摘した。

ポドリャク氏がテレグラム・チャンネルにて伝えた

ポドリャク氏は、「現在のロシア連邦からの絶え間ない協議提案は、世界を騙す試み以外の何ものでもない。対話への準備があるとの印象を作り出し、その後で背後からナイフで刺すようなものであり、一時的占領地に一時的停戦の間に座り込み、防衛拠点を作り、予備兵力を集め、侵攻能力を再生する試みである」と説明した。

同氏はまた、ウクライナは必ず協議プロセスに戻るとしつつ、それは協議の立場を強化した上での正しいタイミングでのことだと指摘した。そして、「クレムリンが物事をしらふで見始め、自らのプロパガンダで酔っ払うのを止める時である」と補足した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-