2月末以降ウクライナへ帰国・入国した人の数は約250万人=国連機関

2月末以降ウクライナへ帰国・入国した人の数は約250万人=国連機関

ウクルインフォルム
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、2月28日以降、ウクライナへ入国(主に帰国)した人の数は247万9398人だと発表している。

UNHCRのウェブサイトにて発表された

発表によれば、6月14日時点で、ウクライナを出国した人の数は750万人を超えている。また、330万人以上のウクライナ人がEUの国々で一時的保護の地位を取得したという。

また、同地位を取得した難民が国別で最も多いのはポーランドの110万人強。全面的戦争開始以降、ウクライナからポーランドへは約390万人が入国し、約180万人が出国している。

続いて難民到着が多いのは、ドイツ(約78万人)とチェコ(約37万3900人)となっている。

ロシアとベラルーシに関しては、ロシアへ118万人、ベラルーシへ1万6600人が入国したとあるが、両国からウクライナへの出国に関するデータはない。

また、UNHCRは、約800万人がウクライナ国内のより安全な地域へ移動した「国内避難民」となっていると報告している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-