マリウポリでロシア非常事態省の車両に放火=市長顧問

マリウポリでロシア非常事態省の車両に放火=市長顧問

動画
ウクルインフォルム
ロシアが制圧したウクライナ東部マリウポリの状況について、アンドリュシチェンコ同市市長顧問は、地元住民が占領政権に対して活発な抵抗を行っていると報告した。

15日、アンドリュシチェンコ氏がテレグラム・チャンネルに書き込んだ

アンドリュシチェンコ氏は、「町は占領を受け入れていない。サボタージュという消極的な抵抗は、少しずつ積極的な局面へと移行している。6月9日、タハンロジシケ車道のロシア非常事態省の駐車場にて、牽引車2台と大型トラックトレーラー3台が突然炎上した。原因は、放火だと言われている」と書き込んだ。

さらに同氏は、6月11日、「ロシアの日」前日、旧業務用大型スーパー「メトロ」の近くにて、人道支援を求めて人だかりができている中で、不明の人物がロシア非常事態省の職員を背中からナイフで刺し、それが致命傷となったと伝えた。

同氏は、これらは確認が取れている事実であるとし、放火時のものだとする動画を公開した。

そして、「これ以上は、当たり前の理由でコメントできない。おぞましい者たちに告ぐ。周りを見るようにせよ。報いはもうすぐそばまで来ている」と書き込んだ。

写真:AA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-