東部シェヴェロドネツィクの情勢激化 ロシア軍、数日にわたり襲撃継続=州長官

東部シェヴェロドネツィクの情勢激化 ロシア軍、数日にわたり襲撃継続=州長官

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ東部ルハンシク州のハイダイ州軍行政府長官は14日、ロシア軍の臨時州都シェヴェロドネツィクへの襲撃は数日間にわたり継続しており、敵は火砲による集合住宅、産業施設を破壊していると伝えた。

ハイダイ・ルハンシク州軍行政府長官がフェイスブック・アカウントにて報告した

ハイダイ氏は、「シェヴェロドネツィクの(アンモニア製造工場)『アゾト』と『スクロプラスティク』の施設への狙いを定めた砲弾着弾があった。橋と州の国家非常事態庁の建物が壊され、隣接する町、シネツィキー、パウロフラドが砲撃された。毎日、死者情報が明らかになっているが、遺体には砲撃が激しくて近寄れない」と伝えた。

同時に同氏は、メチョプキネ地区へのロシア軍の侵攻は失敗したとも伝えた。

写真:ルハンシク州軍行政府(フェイスブック)

13日、ルハンシク州内ではさらに、トシキウカ〜ウスティニウカ方面、オリホヴェ〜ゾロテー方面、コミシュヴァハ〜ウルビウカ方面、ヴァシリウカ〜ビロホリウカ方面、ニルコヴェ〜ミコライウカ方面にて激しい戦闘が起きたと報告された。

ノヴォドルジェシクの民間人女性が負傷し、他地域の病院へと搬送されたという。

ハイダイ氏は、敵は、さらに2個大隊戦術群を投入したとし、リシチャンシク、プリヴィッリャ、シェヴェロドネツィク、ボリウシケのウクライナ軍部隊を包囲しようとしていると説明した。

また、ウクライナ軍参謀本部は、14日6時時点の報告の際に、シェヴェロドネツィク方面では、敵はクレミンナ〜ルビージュネにて最大2個の大隊戦術群を投入、砲撃支援を受けながら、シェヴェロドネツィク市にて襲撃を行っており、(制圧した)市の中心部の防衛を強化しようとしていると伝えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-