マリウポリにてロシア占領政権、盗んだ金属を船舶に搭載

マリウポリにてロシア占領政権、盗んだ金属を船舶に搭載

動画
ウクルインフォルム
ロシア占領政権は、武力制圧したウクライナ東部マリウポリにて、盗んだ金属をロシア領ロストフ・ナ・ドヌーへ向かうロシア貨物船へと搭載している。

29日、アンドリュシチェンコ・マリウポリ市長顧問がテレグラム・チャンネルにて伝えた

アンドリュシチェンコ氏は、「マリウポリ商業港にて、ウクライナのスチールコイル/圧延鋼材の搭載が続いている」とし、昨日、ロシア軍のサポートと同行のもと、港の海上へとロシアの貨物船が到着し、金属品の搭載を開始、ロストフ・ナ・ドヌーへと運ぶ予定だと伝えた。また、「もはや誰も隠れもしていない」と指摘した。

同氏はさらに、「国家としてのロシアにより、公式に略奪が行われていることを示すさらなる証拠である」と指摘した。

これに先立ち、企業グループ「メトインヴェスト」は、ロシア侵略者がマリウポリ港から同社所有の2800トンの金属製品を違法に運び出そうとしていると発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-