被占領下マリウポリにて工場跡から約70体の民間人遺体発見

被占領下マリウポリにて工場跡から約70体の民間人遺体発見

動画
ウクルインフォルム
ロシアにより制圧されたマリウポリの工場「オクチャブリ」跡にて、約70体の遺体が見つかった。アンドリュシチェンコ同市市長顧問は、敵の砲撃による倒壊にて建物に閉じ込められた人々の遺体だと説明し、これらの遺体は集団墓地への埋葬のために運び出されたと伝えた。

アンドリュシチェンコ氏がテレグラム・チャンネルに書き込んだ

アンドリュシチェンコ氏は、「ロシア非常事態庁によるクインジ通りの瓦礫撤去の際に、工場『オクチャブリ』敷地跡にて、約70体の遺体が見つかった。原因は同じだ。人々は、砲撃の後建物の瓦礫で閉じ込められたのだ」と伝えた。

同氏はまた、遺体はプラスチックの袋に入れられて、スタリー・クリム町の集団墓地への埋葬のために持ち去れたと伝えた。その際、遺体の人物特定は行われていないという。同時に、地元住民たちは、遺体の状態からして、特定するものがなかったと述べているという。

その上で同氏は、「ロシアのマリウポリでの攻撃による遺体があとどれぐらい見つかるのだろうか。数体だろうか。数十体だろうか。数百体だろうか? 怒りしか湧かない」と強調した。

写真:AA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-