領土防衛部隊は前線の戦闘にも参加している=部隊本部長

領土防衛部隊は前線の戦闘にも参加している=部隊本部長

ウクルインフォルム
ウクライナ軍にて、志願兵を中心に構成される「領土防衛部隊」の32個の旅団の内、すでに25個が完全あるいは部分的に戦闘に参加している。

17日、ソブコ領土防衛部隊本部長がメディアセンター・ウクライナ=ウクルインフォルムでの記者会見時に発言した。

ソブコ氏は、「領土防衛部隊の戦士たちは、ロシアの全面的侵略のほぼ初日から、敵と対峙する戦闘行動に積極的に参加している。現時点で、32個旅団の内、すでに約25個が完全あるいは部分的に戦闘行為に参加している。領土防衛部隊の戦士たちは、キーウ州、チェルニヒウ州、スーミ州の防衛と解放、マリウポリの防衛にて重要な役割を担った。ハルキウの領土防衛部隊の戦士たちは、防衛行動の後、反攻作戦に参加し、すでに国境地点の一つに到達している」と発言した。

同氏はまた、領土防衛部隊が戦闘地域での戦闘課題に参加する可能性については、国家抵抗法に従えば、ウクライナ軍総司令官が関連決定を下した場合には、領土防衛部隊はそのような課題の遂行に加わることができると伝えた。同氏は、「領土防衛部隊は、その他の軍種と並び、ウクライナ軍の一部であり、ウクライナ軍総司令官の隷下にあり、彼の命令を遂行する。私たちの国の多くの国民が、領土防衛部隊は自分の地域を防衛する課題のみを遂行すると想像しているが、それは誤った考えだ。なぜなら、ウクライナの国家抵抗法は、ウクライナ軍総司令官の関連決定がある場合は、部隊と領土防衛部隊の一部は、ウクライナ領全域の領土防衛課題と戦闘課題の遂行に参加することができることを明記しているからだ」と説明した。

なお、ウクライナでは、2月24日以降、ロシアによる全面的侵略を受けている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-