ロシア軍、南部ザポリッジャ州で活動家を拷問後に殺害

ロシア軍、南部ザポリッジャ州で活動家を拷問後に殺害

ウクルインフォルム
ロシア軍は、占領するウクライナ南部ザポリッジャ州一部地域にて、2日間にわたり拷問を続けていた活動家を殺害した。

7日、ザポリッジャ州軍行政府広報室がテレグラム・チャンネルにて伝えた

発表には、「今日、占領者が市民活動家、愛国者のセルヒー・セメネク氏(姓には誤りがあるかもしれない)を殺害したことが判明した。ロシア人たちは、彼を背後から銃撃した。またその前には二日間にわたって、彼を拷問し、彼に武器の保管場所や仲間の居場所を教えるよう要求していた」と書かれている。

また、死亡が伝えられた同州被占領下トクマク市のイーホル・コテレウシキー市長に関しても、死因が殺害であった可能性が指摘されている。

「彼は、占領者との協力を拒み、住居を絶えず変更していた。そのため、人によっては、彼の死は暴力によるものではないかと思っている。共謀者が彼を占領者のところに連れて行った可能性があるのだ」と書かれている。

これに先立ち、7日、ウクライナ南部の現在ロシアに占領されているザポリッジャ州トクマクのイーホル・コテレウシキー市長が死亡したことが伝えられていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-