ペロシ米下院議長、ロシアの「テロ支援国家」への認定を支持

ペロシ米下院議長、ロシアの「テロ支援国家」への認定を支持

ウクルインフォルム
米国のペロシ下院議長は、ウクライナから米議会への、ロシアをテロ支援国家と認定する呼びかけを支持していると発言した。

ペロシ下院議長がMSNBCへのインタビュー時に発言した

記者から、その呼びかけを支持するかと尋ねられると、ペロシ氏は、「もちろんだ。私は、その支持をずっと訴えてきた。もしロシアがテロ支援国家のリストに加えられていないのであれば、それは破り捨てるべきだ」と発言した。

さらに、同氏は、核兵器保有国が他国に侵略して、戦術核兵器の使用で脅しをかけ、自国軍軍人に暴力や、母親の前での娘の強姦、子供の前での母親の強姦を行うよう仕向け、また子供を拉致しているのだとし、そのような暴力行為は文明的人間的な行動の規範を超えていると指摘した。

同氏は、「プーチンは臆病者だ。彼は、戦争を戦うのではなく、民間人と戦っている。彼は子供と戦っている。彼は、それを戦争の武器として利用している。そのため私は、彼らはテロ支援国家のリストに入れられるべきだと思っているし、そうなることを期待している」と発言した。同時に同氏は、それは米大統領が決めるものだと指摘した。

写真:ZACH GIBSON / MCT

加えて同氏は、そのような決定は、ロシアへの制裁発動を容易にするのだとし、だからこそテロ支援国家リスト入りは非常に重要だと発言した。

これに先立ち、5月3日、ウクライナ最高会議(国会)は、米国議会に対して、ロシアをテロ支援国家と認定するよう要請する決議を採択していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-