6日、アゾフスタリから50名が避難=ウクライナ副首相

6日、アゾフスタリから50名が避難=ウクライナ副首相

ウクルインフォルム
ウクライナのヴェレシチューク副首相兼一時的被占領地再統合相は、6日にマリウポリの製鉄工場「アゾフスタリ」から50人の民間人を避難させることができたと発表した。

ヴェレシチューク氏がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

ヴェレシチューク氏は、「今日、私たちは、アゾフスタリからの民間人避難を行った。反対の道では、(商業施設)『ポルト・シティ』で人を乗せないといけなかったが、残念ながら間に合わなかった。車列は、一日中、アゾフスタリの近くに止まっていなければならなかった。そこでは戦闘やらその他の挑発が行われていたからだ」と書き込んだ。

同氏はさらに、ロシア軍は常に停戦を違反しており、そのため避難は極めてゆっくりとしか進まなかったと指摘した。

その上で同氏は、明日(7日)、「全て予定通りなら」、17時マリウポリ市内「ポルト・シティ」前に避難バスが来て、人々をベズイメンネ村(編集注:ロシア軍がいわゆる「フィルターキャンプ」にて民間人の厳重審査を行っている、ロシア占領下の自治体)へ連れて行く。そこで避難した人々は、アゾフスタリからの避難車列と合流する。それから翌日(8日)ザポリッジャへ出発する、と説明した。

同氏は、「明日、私たちのは全て成功させなければいけない。17時にポルト・シティ前に集合だ。耐えて欲しい」と呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-