マリウポリ製鉄工場「アゾフスタリ」からの避難者、政府管理下ザポリッジャに到着

マリウポリ製鉄工場「アゾフスタリ」からの避難者、政府管理下ザポリッジャに到着

動画
ウクルインフォルム
3日、ウクライナ東部マリウポリの製鉄工場「アゾフスタリ」から避難した民間人が政府管理地域の南部ザポリッジャに到着した。

マリウポリ市議会がフェイスブック・アカウントにて発表した

市議会は、「アゾフスタリから避難した人々はもうザポリッジャに到着した。彼らにはあらゆる不可欠な支援が与えられている」と伝え、マリウポリからの避難民を乗せた白いバスが到着する様子を映した動画を公開した。

ボイチェンコ・マリウポリ市長は、避難ミッションの参加者、国連と国際赤十字委員会(ICRC)の代表者、ヴェレシチューク副首相兼一時的被占領地再統合相に対して謝意を伝え、人々の努力によってマリウポリ市民を救うことができたと発言した。

また、市議会は、国連はアゾフスタリからの民間人避難作戦をもう一度行う準備があると伝えた。

また、ルブラニ国連ウクライナ調整官は、自らのツイッター・アカウントにて、マリウポリからの安全な通行作戦が成功裡に行われたことを認めた

ルブラニ氏はさらに、「私が一緒に移動した人々は、私に、心を打ち砕くような、彼らが経験したその地獄の話を聞かせてくれた。私は、罠にはまり続けている人々のことを考えている。私たちは、彼らを救うためにあらゆる可能なことを行っていく」と書き込んだ。

これに先立ち、1日、国連と国際赤十字委員会(ICRC)の支援を受けて、ウクライナ東部マリウポリの製鉄工場「アゾフスタリ」からの民間人100人強の避難作戦が始まったことが発表されていた

ゼレンシキー大統領は当初、同車列は2日朝にはザポリッジャに到着するだろうと述べていたが、2日夜にはザポリッジャ州軍行政府が、同日中に車列はザポリッジャに到着しない、2日夜の段階で車列はマリウポリから西に約20キロに市するマンフシュ町に停まっていると伝えていた

写真:マリウポリ市議会


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-