ホロコースト生存者の91歳の女性、マリウポリの地下で死亡

ホロコースト生存者の91歳の女性、マリウポリの地下で死亡

写真
ウクルインフォルム
ホロコーストを生き延びた91才のヴァンダ・オビェドコヴァ氏が、4月4日にマリウポリにて、ロシアの砲撃・空爆から逃れるために地下シェルター滞在時に亡くなっていたことがわかった。

19日、ユダヤ人コミュニティサイト「チャバド」がヴァンダさんの娘のラリサさんの話を紹介した

ラリサさんの話によれば、ヴァンダ・オビェドコヴァさんは、1930年12月8日マリウポリ生まれ。1941年10月、10歳の時、ナチス・ドイツ軍がマリウポリにやってきて、ユダヤ人を連れ去り始めた。親衛隊(SS)隊員が家にやってきて、オビェドコヴァさんの母、マリア・ミンデルさんを連れ去った時、オビェドコヴァさんは地下に隠れており、見つからなかったという。

ラリサさんは、「彼女(オビェドコヴァさん)は、叫ぶことができなかった。それで彼女は助かったんです」と語った。

オビェドコヴァさんは、1954年に結婚し、生涯をマリウポリで暮らした。近年は、ラリサさんと暮らしていたという。

今年の3月初めにロシア軍の砲撃と空爆が始まると、家族は近くの店の地下へ移った。オビェドコヴァさんは、そこで4月4日に亡くなったのだという。

ラリサさんは、「そのような死は母に値するものではなかった」と述べた。また、「母はマリウポリを愛していた。彼女は、決して(マリウポリを)離れたがらなかった」とも伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-