ロシア軍はヘルソン州にて偽『住民投票』を急いで実施したがっている=宇オンブズマン

ロシア軍はヘルソン州にて偽『住民投票』を急いで実施したがっている=宇オンブズマン

ウクルインフォルム
ウクライナ最高会議(国会)人権問題全権を務めるデニーソヴァ氏は、ロシア軍が占領するウクライナ南部ヘルソン州にて、いわゆる「ヘルソン人民共和国(KhPR)」の創設を宣言するために、偽「住民投票」を急いで実施したがっているようだと指摘した。

21日、デニーソヴァ氏がテレグラム・チャンネルにて報告した

デニーソヴァ氏は、「『人民の意思の発露』を模倣する日が4月27日に前倒しされた。自称『KhPR』の創設の後、ロシア軍は、ウクライナとの戦争への住民の強制的動員の組織を計画している」と書き込んだ。

また同氏は、ロシアは、ウクライナ政権からヘルソン州への人道支援を完全に止めようとしていると指摘し、「ヘルソン州ゾロター・バルカでは、ロシア占領軍代表者が地元住民との集会を開き、そこで『緑の回廊』は今後設置されないと述べ、人々が自治体を離れることを禁止した」と報告した。

さらに同氏は、ウクライナの警察のデータとして、ヘルソン州では、76人の国民が拘束され、内36人がすでに解放されていると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-