ドイツはロシアのファシズムに資金供与してきた=歴史家スナイダー

ドイツはロシアのファシズムに資金供与してきた=歴史家スナイダー

ウクルインフォルム
イェール大学の歴史家ティモシー・スナイダー氏は、ドイツの人々はロシアのファシズムに長年資金供与をしてきたとの見方を示した。

スナイダー氏がツイッター・アカウントに書き込んだ

スナイダー氏は、「30年間、ドイツ人はウクライナ人に対してファシズムについて講義を行ってきた。ファシズムが本当にやってきた時、ドイツ人はそれに資金供与をし、ウクライナ人はそれと戦って死んでしまった」と書き込んだ。これはドイツがロシアからの多くのエネルギーを購入してきたことを揶揄(やゆ)した発言だと思われる。

さらにスナイダー氏は、別のツイートにて、ドイツは、自らの経済力と比較すると、ロシアとの戦争にあるウクライナに対して支援が非常に少ないと指摘した。同氏は、「GDP比では、ウクライナを支援する国の中で、エストニアが最も多くウクライナを支援しており、ドイツが最も少なく、米国が真ん中だ」と書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-