ロシア軍、占領下ウクライナ領にて偽情報掲載の新聞を拡散

ロシア軍、占領下ウクライナ領にて偽情報掲載の新聞を拡散

写真
ウクルインフォルム
ロシア軍は、占領しているウクライナ北部ハルキウ州にて、偽情報の掲載された新聞の拡散を始めた。

12日、市民団体「ハルキウ汚職対策センター」が報告した

センターは、「敵のプロパガンダメディアでは、数日前に、ハルキウ州占領地にてロシア兵が地元住民に新聞を配る動画が現れ始めた。新聞が配られている自治体名は、わざと明かされていない。占領者の新聞には、偽情報で彩られたロシア・プロパガンダの言説が掲載されている」と書かれている。

またセンターは、それら新聞には、例えば「ウクライナ軍、志願兵大隊は、ナチであり、現在ハルキウを砲撃しており、町を潰している」などと書かれているという。他にも「ウクライナ軍にとってハルキウ住民は、『他者』であり『モスクワ人』である」「西側諸国はウクライナ政権に対して、国土を人のいない大地にせよとの課題が出されている」などという文もあるという。

写真:ハルキウ汚職対策センター
写真:ハルキウ汚職対策センター

その他、「ハルキウ市幹部は特別重罪の受刑者で志願兵大隊を作り、彼らが南側からハルキウを封鎖し、住民を市から一切出さないようにし、ウクライナ軍の部隊も後退させないようにしようとしている」との文もあると報告されている。

センターはさらに、「ウクライナのナチたちがハルキウからの脱出する2家族を銃撃。3名がの子供が死亡した」という文もあるとし、亡くなったのは現在ロシアに占領されているルシカ・ロゾヴァの住民だと書かれていたと伝えた。

写真:ハルキウ汚職対策センター
写真:ハルキウ汚職対策センター

加えて、センターは、「新聞」には、ウクライナ軍の損耗や、ハルキウ市では人道災害が起きそうな状態だなどと書かれていると報告しつつ、その上で「ロシア占領軍の砲撃の被害を最も多く受けたハルキウ市のいくつかの地区では、状況は困難だが、しかし、その辺りにも人道災害などない。同市の大半の地区は、冷水も温水も暖房も電気もある。4月6日、市議会ウェブサイトには、市の80%の建物には、温水があるとの発表が掲載された。冷水ネットワークの修理が続いている」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-