米国、3億ドルの対ウクライナ追加安保支援を発表

米国、3億ドルの対ウクライナ追加安保支援を発表

ウクルインフォルム
米国防省は1日、ウクライナへ3億ドル相当の兵器・機材からなる追加安全保障支援を決定した。

カービー米国防報道官の発表が国防省ウェブサイトに掲載された

発表には、国防省は米議会に対して、ウクライナ安全保障促進イニシアティブ(USAI)の一環で追加支援について報告したとあり、同枠組みを通じて、米国防省はウクライナに対して3億ドルの安全保障支援を提供すると書かれている。

支援内容は、レーザー誘導ロケット、自爆無人機「スイッチブレード」、偵察用無人機「ピューマ」、対無人機システム、高機能車両、弾薬、暗視装置、通信システムなどとなっている。

また、「米国は、ウクライナへの追加的可能性の模索と供与のために、同盟国、パートナー国と連携を続ける」と書かれている。

また同日、サキ米ホワイトハウス報道官は、記者会見時に、「米国政府は、ロシアが化学兵器あるいは生物兵器をウクライナに対して使用した場合に使用することが可能な防護品をウクライナ政府に提供する」と発言してた。

サキ氏は、米国やその他の国は、これまでに繰り返し、ロシアが化学兵器あるいは生物兵器をウクライナで使用する可能性があると警告してきたとし、またその際にロシアが偽旗作戦を計画している可能性があるとも伝えてきたと喚起した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-