ゼレンシキー宇大統領、クリミア住民にロシア軍への招集を回避するよう呼びかけ

ゼレンシキー宇大統領、クリミア住民にロシア軍への招集を回避するよう呼びかけ

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は2日、一時的被占領下クリミアの住民に対して、ロシア軍への招集を回避する、あるいは回避できなかった場合には、戦地ですぐにウクライナ軍に投降するよう呼びかけた。

ゼレンシキー大統領が2日未明の動画メッセージにて発言した

ゼレンシキー氏は、「ロシア連邦はクリミアでも人々を軍に招集しようとしている。それは国際人道法違反であり、戦争犯罪であり、責任の発生する行為だ。またそれは、対露制裁強化の根拠でもある。そのため、私は、クリミアの住民に伝えたい。それを邪魔して欲しい。あらゆる段階においてだ。しかし、それがうまくいかなかった場合は、犯罪的命令を履行しないで、最初の機会にウクライナ軍に投降して欲しい。私たちはすべて理解する。あなたは生き続けることになる」と発言した。

またゼレンシキー氏は、4月1日、ロシアにて春季徴兵が始まったとし、「いつも徴兵のように見えるが、しかし通常のものとは異なっている。今年徴兵された者たちは、私たちの国、私たちの国民に対する戦争に送られる可能性があるからだ。それはつまり、とても若い多くの青年たちにとって確実な死を意味する」と発言した。

同氏は、侵略国民に対しても、「人間としての私たちの義務」として警告するとしつつ、ロシア語に切り替え、「徴兵される一人一人の人、その親に警告して欲しい。私たちにとって、ここで新たに人が殺されることは不要である。自分の子供を守って欲しい。彼らが犯罪者にならないように。彼らを軍に渡さないで欲しい。彼らが家で生きられるよう、あらゆることを行って欲しい」と呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-