ベラルーシ軍にはウクライナ侵攻の準備がない=宇大統領府

ベラルーシ軍にはウクライナ侵攻の準備がない=宇大統領府

ウクルインフォルム
ウクライナのアレストヴィチ大統領府長官補佐官は11日、現時点でベラルーシ軍にはウクライナ領に侵攻する準備はないと発言した。

アレストヴィチ氏がテレビ局「ウクライナ24」局出演時に発言した

アレストヴィチ氏は、「私たちの情報では、現在、ベラルーシ軍にはウクライナ領へと侵攻する準備がない。将校、兵士は、そのような機会を完全に放棄している」と発言した。

同氏はまた、ウクライナ侵攻命令が下された場合、ベラルーシ軍は命令を無視するか、低効率で履行することになるだろうと述べ、「ベラルーシ軍からの活発な戦闘というものは期待しないで良い。彼らが臆病だからではなく、彼らがそれを望んでいないからだ」と強調した。

さらに同氏は、ベラルーシ軍は全体で4万5000〜7000人の軍人で構成されており、その中で戦闘能力があるのは1万7000人だと説明した。そして同氏は、中でも第103ヴィテブスク空挺師団が最も戦闘能力があるが、師団内の士気はかなり低いと指摘した。

これに先立ち、11日、ルカシェンコ自称ベラルーシ大統領がモスクワを訪問している最中に、ウクライナ空軍が、ロシア軍の航空機がウクライナ領側からベラルーシ領のコパニを攻撃したと発表していた。その際、ウクライナ空軍は、同攻撃の目的は、「ベラルーシ共和国軍をウクライナとの戦争に引き込むこと」だとの見方を示していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-