ロシア占領軍の攻撃で19世紀の教会が損壊

ロシア占領軍の攻撃で19世紀の教会が損壊

写真
ウクルインフォルム
ロシアからの侵略の続くウクライナでは、中部ジトーミル州ヴヤジウカ村にて、ロシア軍の攻撃により19世紀の木造教会が損壊した。

ウクライナ歴史・文化遺産保護協会のメンバーであるオリハ・ルトコウシカ氏がフェイスブック・アカウントにて報告した

ルトコウシカ氏は、「ウクライナ民族へのジェノサイドは進んでいる。昨夜、ジトーミル州ヴヤジウカ村にて、ロシア侵略者たちは冷笑的に1862年建造の聖母マリア降誕祭教会を破壊した」と書き込んだ。

同氏は、この木造の教会は、国の保護指定とされている遺産であると伝えた。

なお、6日から7日にかけての夜間、ロシア軍は、中部ジトーミル州北部のコロステン、オウルチ、マリンを砲撃していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-