露軍のチェルニヒウ市への爆撃で民間人17名死亡、13名負傷=州行政府

ウクルインフォルム
ロシアによる侵略が続くウクライナでは、4日〜5日のロシア軍による北部チェルニヒウ市への爆撃により、民間人17名が死亡、13名が負傷した。

5日、チェルニヒウ州軍事行政府がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「3月4日日中と5日夜間、ロシア航空機がチェルニヒウ市へ、主に住宅地に対して、体系的な爆撃を行った。保健機関の最新情報では、24時間の爆撃により、17名が死亡、13名が負傷した」と書かれている。

また、国家非常事態庁州総局の情報では、過去24時間で29件の火災が発生したとある。火災の際に、4名を救出でき、1名が負傷、1名が死亡したとのこと。

さらに、チェルニヒウ州電力会社の情報では、戦闘により、同州約200の自治体で停電が続いているという。

これに先立ち、2月24日、ロシア軍は、ウクライナ領の侵略を開始。ロシア軍は、ウクライナの多くの町で火砲、多連装ロケットシステム、巡航ミサイルで、重要インフラや民間人居住区を攻撃している。

ウクライナでは、戒厳令が敷かれており、国民総動員が発令されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-