ゼレンシキー・ウクライナ大統領の欧州議会での演説(3月1日)

ゼレンシキー・ウクライナ大統領の欧州議会での演説(3月1日)

ウクルインフォルム
3月1日、ゼレンシキー・ウクライナ大統領は、欧州議会にオンラインで出席し、演説を行った。全文は以下のとおり。

どうもありがとう! 親愛なる出席者よ。知っているだろうか。私はここ数日、どのようにあなたに正しく挨拶したら良いのかわからない。なぜなら、私は今、「良い朝ですね」とか「今日は良い日ですね」とか「良い晩ですね」とは言えないからだ。言えない。それが絶対的な真実だ。なぜなら、毎日、誰かにとってその日が確実に悪い日であり、毎日誰かにとって確実に最後の夜となるからだ。私は、今日、今、自らの命を代償にして、自由を守っているウクライナの人々のことを話す。

私は、ここで、そのように団結した感情を見ることができて、非常に嬉しい。私は、私たちがあなたたち皆を、欧州連合(EU)の国々を団結できたことが嬉しい。しかし、私は、それにこのような代償が必要だとは思っていなかった。そして、これは私にとっての悲劇であり、ウクライナ人一人一人にとっての悲劇であり、全ての国にとっての悲劇である。

ご存知だろうか。私は今、プリントを読んでいるのではない。なぜなら、私たちの国では、紙の時代は終わったからだ(編集注:国家機関の業務に紙を使用しない、ペーパーレス法が採択済)。亡くなった人たちは、皆本当の命だ。私は、私たちは価値、権利、自由のために人々の命を捧げていると思っている。あなた方と同じでありたいという願いのために、最良の人々、最強の人々、すばらしいウクライナの人々を捧げているのだと。

私たちは、「私たちは皆勝利する」としょっちゅう話している。あなた方がそのことについて述べるだけでなく、それを目にしていることを、私はとても嬉しく思う。私たちは、皆必ず勝利する。私はそう確信している。「ウクライナの欧州の選択」という表現がある。それは、私たちが望んだことであり、向かってきた目標であり、向かっていく場所のことだ。私は、あなたたちから「欧州によるウクライナの選択」という表現が聞けることを強く望んでいる。

私は、あなた方との話のために数分間しかない。なぜなら、小さな銃撃やミサイル攻撃があるからだ。今朝は、私たち皆にとっての悲劇だった。2発の巡航ミサイルがハルキウに着弾した。ロシア連邦との国境近くの街であり、そこには非常に多くのロシア人がいて、彼らは仲良くしていたし、いつも温かい関係があった。その街は、20の大学があり、私たちの国で最大数の大学がある中心地である。私たちの国で最も大きな広場があり、そこではお祝い事があると、素敵で賢い若者たちがいつもそこに集まった。その広場は、「自由広場」という。それは欧州で最大の広場でもある。自由広場だ。そして、想像して欲しい。今朝、2発の巡航ミサイルがその自由広場に着弾したことを。数十人の犠牲者が出た。それが自由の代償である。

私たちは、単に自分たちの大地と自分たちの自由のために闘っているだけだ。信じて欲しい。今、私たちの国の全ての大都市が封鎖されているにもかかわらず、誰も私たちの自由と国の中には入れない。信じて欲しい。今日、どんな広場も「自由広場」と呼ばれるだろう。私たちの各町においてだ。誰も私たちを壊せない。私たちは強い。私たちはウクライナ人だ。

私たちには、子供が生き続けていく、という願いがある。思うに、それは正直な気持ちだ。昨日は、16人の子供が亡くなった。そして、プーチン大統領はまたしても「何らかの作戦が行われている、私たちは軍事インフラを攻撃している」などと言うだろう。私たちの子供がどこにいるというのだ? どんな軍事工場で子供が仕事をしているのだろうか? どんなミサイルに乗って働いているというのだ? 子供たちが戦車に乗っているとでも? お前は16人の子供を殺したんだ!

私たちは、非常にやる気のある民だ。非常に。私たちは、私たちの権利、自由、命のために戦っている。今、私たちは生き延びるために戦っている。それが私たちの最大のやる気だ。しかし、私たちは、欧州の平等なメンバーとなるために戦っている。私は、今日、私たち皆が、私たちは平等なのだということを示せると思っている。EUは、私たちと一緒になればもっと強くなる。ウクライナは、あなた方抜きでは孤独だ。私たちは、自らの力を証明した。私たちが、少なくとも、あなた方と同じであるということを証明した。あなた方には、私たちとともにあるということを証明して欲しい。あなた方が私たちを手放さないということを示して欲しい。あなた方が本当に欧州人であるということを。その時、命は死を克服する。世界は、闇に勝つ。

ウクライナに栄光あれ!


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-