ロシア軍はキーウの更なる包囲のために部隊を集結させている=ウクライナ軍参謀本部

ロシア軍はキーウの更なる包囲のために部隊を集結させている=ウクライナ軍参謀本部

ウクルインフォルム
ウクライナ軍参謀本部は、ロシア占領軍は引き続きウクライナ首都キーウ(キエフ)の包囲を目的に部隊を集結させていると伝えた。

軍参謀本部がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「敵は、ウクライナへの侵略を継続している。その基本的努力は、キーウ市包囲を目的に、ポリッシャ作戦方面とシヴェル作戦方面へと集中して向けられている。ポリッシャでは、敵は、自らの部隊を増強している。ロシア軍東部軍管区第36軍は、ブチャ、カピタニウカ、ビロホロドカ方面へと進軍している。テテリウ川、イルピン川の浮橋や、占領軍のための物質技術的補給のために、ベラルーシ領からチョルノービリ方面へと技術部隊が移動してきている」と書かれている。

また、ロシア軍が相当の燃料・食料不足を感じているとあり、そのため軍事輸送車をウクライナ領内のロシア軍に送るためにベラルーシの鉄道インフラが活用されていると伝えられた。

ロシア中央軍管区の部隊は、ボリスピリとイチニャ方面の移動を継続。

チェルニヒウでは、敵は同市の占拠に失敗した後、同市を迂回して、イヴァニウカ・コゼリツャ方面へ向かっているとのこと。

南部(タウリヤ地方)では、敵は侵攻を継続しており、ヘルソン・ミコライウ方面での侵攻のための部隊再編成を行っているという。大隊戦術群2個がメリトポリ・ヴァシリウカ方面で侵攻を継続、一部はベルジャンシク・マリウポリ方面へ侵攻しているという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-