ゼレンシキー宇大統領「もしベラルーシからの侵略がなければ、私たちはミンスクで協議ができただろう」

ゼレンシキー宇大統領「もしベラルーシからの侵略がなければ、私たちはミンスクで協議ができただろう」

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は27日、もしベラルーシからの侵略行為がなければ、ウクライナはミンスクにてロシアとの協議に応じることができただろうと発言した。

ゼレンシキー大統領が27日朝の動画メッセージでのベラルーシ人向けメッセージの中で発言した

ゼレンシキー氏は、「今この瞬間、この戦争を終わらせ、平和を私たち皆に取り戻すことのできるウクライナとロシアが協議を行う可能性について、多くのニュースが流れている。そのニュースには、よくミンスクが協議場所として指摘されている。その場所は、私たちが選んだものではなければ、あなた方(ベラルーシ人)が選んだ場所でもなく、ロシアの首脳陣が選んだものだ」と発言した。

同時にゼレンシキー氏は、4日前、ベラルーシ領から巡航ミサイル、航空機、ヘリ、兵器が入ってきて、「私たちの家、私たちの生活を攻撃した」とし、「軍用機材がやってきたのだ。恐ろしいデジャブだ。キーウは朝4時に攻撃を受けたのだ。誰かにそんなユーモアセンスが、1941年同様、あるわけだ。兄弟のベラルーシ人のあなた方が眠っている時、私たちは目を覚ました。あなた方が今も寝ていたとしても、私たちはもう横にならない。なぜなら、私たちは自分の国のために、自分の自由のために戦っているからだ。なぜなら、そのための権利があるからだ」と発言した。

同氏は、「もしあなた方の領土から侵略行為がなければ、私たちは、あなた方の街、ミンスクにて話すことができただろう。あなた方が中立であった時には、私たちは、ミンスクで話をしていたし、私たちは何度もそこで会った」と発言した。

これに先立ち、ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアの代表団はウクライナとの協議のためにベラルーシを訪れたが、ウクライナ側代表団が来なかったと発言していた。ゼレンシキー大統領の今回の発言は、このロシア側の発言に対する反論だと思われる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-