欧米、ロシアの複数銀行のSWIFTからの排除を発表

欧米、ロシアの複数銀行のSWIFTからの排除を発表

ウクルインフォルム
26日、欧州委員会幹部、フランス、ドイツ、イタリア、英国、カナダ、米国は、プーチン露大統領のウクライナへの戦争を非難した上で、ロシア複数金融機関のSWIFT(国際銀行間通信協会)からの排除や、ロシア中央銀行に対する制限措置、ゴールデンパスポートの販売制限などを発表した。

米ホワイトハウスに共同声明が掲載された

発表では、これら欧州委員会幹部とこれらの国の首脳が、プーチン露大統領による「選択の戦争」とウクライナの主権国家・国民への行動を非難した上で、それに抵抗するウクライナ政府・国民との連帯を表明した。また、ロシアの戦争が第二次世界大戦以来の国際ルールに対する攻撃であると指摘した。その上で、首脳たちは、ロシアの責任を追及するとともにこの戦争がプーチン氏にとっての「戦略的失敗」となるように集団で取り組んでいくと伝えた。

この度新たに対露制裁・関連措置となったのは、ロシアの特定の銀行のSWIFTからの排除、ロシア中央銀行による制限措置、ロシア政府との繋がりの深い資産家がいわゆるゴールデンパスポートの売却制限、金融制裁の効果的な履行を確保するための共同タスクフォースの立ち上げとなっている。

今回SWIFTから排除される銀行は、ロシア国外の国との送金が実質的に不可能となる。

また、首脳たちは、偽情報・その他のハイブリッド戦争の形態との対策でも連携を強化すると伝えた。

これに先立ち、ウクライナのゼレンシキー大統領は26日夜、ウクライナの外交官の努力により、欧州全ての国がロシアをSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することに同意したと報告していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-