ロシア軍、チョルノービリ立入制限区域で偽の「空中戦」を実施 フェイクニュース作成の疑い

ロシア軍、チョルノービリ立入制限区域で偽の「空中戦」を実施 フェイクニュース作成の疑い

ウクルインフォルム
チョルノービリ原子力発電所周辺地域を管理するウクライナの国家立入制限区域庁は26日、ロシア占領軍が同地域で、フェイクニュースを作成するために空中戦を偽装した行動を取っていると報告した。

国家立入制限区域庁がフェイスブック・アカウントにて伝えた

報告では、「今この瞬間、チョルノービリ区域上空にて、空中戦の模倣が行われている。私たちには、『ウクライナがチョルノービリの危険な設備の上で占領者(ロシア軍)を攻撃している』という内容の、世界の報道機関向けの挑発的なフェイクニュースを(ロシアが)作成しているという情報がある。チョルノービリには、ウクライナ軍はいない。ウクライナは、チョルノービリで戦闘していない」と伝えた。

同庁はまた、ロシア軍の兵器の移動により同区域の放射線量は高くなっていると伝えた。また、旧チョルノービリ原子力発電所設備、シェルター、放射線廃棄物保管所の職員の一部の状況は不明だとのこと。

これに先立ち、24日、ポドリャク・ウクライナ大統領府長官補佐官は、ロシア軍の侵攻により、ウクライナ軍はチョルノービル原子力発電所のコントロールを失ったと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-