キーウ市の集合住宅にミサイル着弾

キーウ市の集合住宅にミサイル着弾

写真
ウクルインフォルム
26日朝、ウクライナ首都キーウ(キエフ)のロバノウシコホ通り6aの集合住宅にミサイルが着弾した。

クリチコ・キーウ市長がテレグラム・チャンネルにて伝えた

クリチコ氏は、「ロバノウシコホ通り6aの集合住宅にミサイルが着弾した。緊急救助隊が駆けつけている」と書き込んだ。

国家非常事態庁は、テレグラム・チャンネルにて、着弾したのは同集合住宅の17、18階。建物からの避難が行われたと言う。

クレーバ・ウクライナ外相は、ロシアのキーウ市民間住宅を受け、ツイッター・アカウントにて、「キーウは、私たちの素晴らしい平和な街だ。私は、ロシアの陸上戦力とミサイルによる攻撃の下、もう一晩を生き抜いた。ミサイルの一つは、キーウ市の集合住宅に着弾した。私は、世界に対して、ロシア連邦を完全に孤立させるよう要求する。大使を追い出し、石油を禁輸し、ロシア連邦の経済を破壊して欲しい。ロシア連邦の戦争犯罪を止めてくれ!」と書き込んだ

最新情報では、死傷者は出ていないとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-