プーチンはウクライナ全土を占領したがっているが、すでに予定は遅れている=英国防相

プーチンはウクライナ全土を占領したがっているが、すでに予定は遅れている=英国防相

ウクルインフォルム
英国防省は、プーチン露大統領はウクライナ全土の占領を目的としているが、しかし、期待していた予定より遅れており、戦争初日、自らの主要な目標を達成することができなかったと考えている。

ウォレス英国防相がスカイニュースへのインタビュー時に発言した

ウォレス氏は、「今朝の時点の私たちの評価は、ロシアは自らの主要な目標を一つも達成できなかった、というものだ。実際に、同国は予定していたスケジュールより遅れている。彼らは、450人以上失った」と発言した。

同氏は、ロシア軍は、侵攻初日に設定されていた目標を達成できなかったと指摘した。

ウォレス氏は、ロシア側の失敗例の一つとして、戦略的に重要な飛行場の占拠の試みに言及している。ウクライナ側は、24日、キーウ近郊のホストメリの飛行場のコントロールを一度失ったが、その後奪還している。

加えて同氏は、「プーチン露大統領は、ウクライナ人は何らかの形で解放されるとか、彼の側につくかのような、大きな発言や見方を示しているが、彼は完全に誤っている」との見方を示した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-