キーウでクリミア・タタール民族格闘技「クレシュ」大会開催

キーウでクリミア・タタール民族格闘技「クレシュ」大会開催

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ(キエフ)にて、「世界の先住民の国際デー」を記念したクリミア・タタール民族の格闘技「クレシュ」の大会が開催された。

クリミア・タタール系テレビ局「ATR」が報じた

報道では、「世界の先住民の国際デーを記念し、キーウでクリミア・タタール民族格闘技『クレシュ』の大会が開催された。大会のために、キーウへは、ウクライナ各地や、被占領下クリミア、ルーマニア、トルクメニスタンから100人以上の選手が集まった」と伝えられた。

大会は、ウクライナ国歌とクリミア・タタール民族歌の斉唱で始まり、チュバロフ・クリミア・タタール民族代議機関「メジュリス」代表が「このような行事はクリミア・タタール民族をまとめるものだ」との挨拶を行い、近い将来、ロシアの占領から解放されたクリミアにて全てのクリミア・タタール人が集まれることを望んでいると発言したという。

ATRは、コロナ危機のために、ルーマニアからの参加者は2人のみであったとしつつ、ルーマニアのクリミア・タタール人コミュニティでは、クリミアから離れているにもかかわらず、現在でもクレシュは人気があり、現地でも大会が開催されていると報じた。

クレシュ・クリミア連盟会長のレヌール・イスリャモフ氏は、クリミア・タタール人がウクライナの先住民と認められた中、ウクライナ政府がクレシュの支援も行うことへの期待を表明した。

「クレシュ(クラッシュ)」とは、テュルク系民族の間で盛んな伝統格闘技。古くは、この競技は、結婚式などのお祝いなどで行われてきたという。

写真:ATR


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-