ウクライナ政府、クリミア・タタール語のオンラインデータベース作成に着手

ウクライナ政府、クリミア・タタール語のオンラインデータベース作成に着手

ウクルインフォルム
ウクライナの一時的被占領地再統合省は、「消滅の危機」言語に指定されている先住民言語「クリミア・タタール語」の保護のために、学習・研究用のオープンデータベースの役割を担う言語コーパスの作成着手を発表した。

22日、再統合省が発表した

発表には、この「国家クリミア・タタール語コーパス」の作成は、政府が採択した「2022〜2032年クリミア・タタール語発展戦略」の実現の一環で行われるものだとし、本プロジェクトの目的は、クリミア・タタール語を広範に使われるようにし、その分析や持続可能な発展を目指すものだと書かれている。

同省は、「ユネスコはクリミア・タタール語を深刻な脅威にさらされた言語のリストに加えていることを指摘する」とし、その保護の重要性を指摘した。

さらに、同省は、同プロジェクトは、クリミア・タタール語がコンピューターのオペレーションシステム(OS)言語に採用されたり、オンライン翻訳プログラムで選択できるようになる上での後押しとなると指摘し、「つまり、パソコンのインターフェース言語でQırımtatar tiliが選択できるようにするためだ」と説明した。

現在、クリミア・タタール語で書かれた印刷物やオンラインテキストの収集が行われているとし、関心のある者は誰でも参加できると説明されているとし、インスタグラム上のコーパス作成報告アカウントが紹介された

同プロジェクトは、スイス・ウクライナの共同プログラム「EGAP」とタラス.シェウチェンコ記念キーウ国立大学の支援によって実現されているという。

これに先立ち、本年2月23日、ウクライナ政府は、「2022〜2032年クリミア・タタール語発展戦略」を採択していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-