東京・国立新美術館でウクライナ無形文化遺産「ペトリキウカ塗り」の作品展示

東京・国立新美術館でウクライナ無形文化遺産「ペトリキウカ塗り」の作品展示

写真
ウクルインフォルム
9月1日から13日まで東京都国立新美術館で開催される第105回記念二科展の際に、ウクライナのユネスコ無形文化遺産「ペトリキウカ塗り」の作品を展示する特別展「ウクライナ作家との文化交流展」が開かれる。

31日、在日ウクライナ大使館がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ウクライナ大使館は、「在日ウクライナ大使館と二科会との協力のおかげで、日本で初めて60点以上の作品を含める大規模なペトリキウカ塗りの展示会が行われます」と書き込んだ。

特別展では、ウクライナのペトリキウカ塗り作家のハリーナ・ナザレンコ、オレクサンドル・オパリー、オレーナ・ヤルモリュークなどの作品が展示されるという。また、会場では、写真家アンナ・セニクが撮影したウクライナの伝統衣装の写真作品も展示されるとのこと。

大使館は、「とてもユニークなイベントですので、このチャンスをぜひお見逃しなく!」と呼びかけている。

写真:在日ウクライナ大使館


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-