ブリンケン米国務長官、エピファニー・ウクライナ正教会首座主教と会談

ブリンケン米国務長官、エピファニー・ウクライナ正教会首座主教と会談

写真
ウクルインフォルム
6日、キーウ(キエフ)訪問中のブリンケン米国務長官は、エピファニー・ウクライナ正教会首座主教と会談した。エピファニー首座主教は、ロシアに占領されているウクライナ領にて、信仰の自由が新開されている問題に国際社会が注意を向けるべきだと主張した。

エピファニー首座主教がフェイスブック・アカウントにて伝えた

投稿にて、エピファニー氏は、ブリンケン氏が聖黄金ドーム大聖堂を訪れたと伝え、「思慮深い対話につき、国務長官に感謝する。信仰の自由の原則は、米国建設の基盤に据えられているものであり、それを保護することは、優先課題の一つとなっている。ロシアにより占領されている領土では、信仰の自由は常に著しい侵害を受けているのであり、国際社会がその問題に注意を向けることは重要である。国務長官との対話の際、私たちは、ウクライナ正教会の状態と発展についても協議した」と伝えた。

写真:ウクライナ正教会

エピファニー氏は、外からの挑戦と向き合うウクライナを米国が堅固に支持していること、ウクライナの領土一体性回復のための闘いにおいて国際社会が連帯していることにつき、謝意を伝えた。

なお、6日、ブリンケン米国務長官がウクライナを実務訪問している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-