ゼレンシカ大統領夫人、訪日時に着た「スキャンダルな」黄色いドレスが小児がん患者を救った話を披露

ゼレンシカ大統領夫人、訪日時に着た「スキャンダルな」黄色いドレスが小児がん患者を救った話を披露

写真
ウクルインフォルム
オレーナ・ゼレンシカ大統領夫人は、2019年の日本訪問時、即位礼正殿の儀に出席した際に来た黄色いドレスを慈善オークションにて売却し、売り上げを小児がん患者の子供たちのための機材購入に用いたことを報告した。

11日、ゼレンシカ大統領夫人が全国フォーラム「ウクライナ30 文化・メディア・観光」への登壇時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシカ大統領夫人は、「その話はもう終わっているはずのものだが、しかし面白い続きがあるのだ。その後、私は、慈善オークションへの参加に招待された。オークションの目的は、小児がん患者のための機材購入のための資金を集めることだった。そのドレスは、話題となっていたために、興味を持たれ、目立ち、すぐに購入され、その売り上げは慈善活動に使われたのだ。結果、そのスキャンダルなドレスが子供たちを救うことになったのだ」と発言した。

写真:オレーナ・ゼレンシカ大統領夫人(インスタグラム)

夫人は、2019年に日本を訪問し、即位礼正殿の儀に出席した際に、デザイナーのイヴァン・フロロウの黄色いドレスを着たら、日本ではそのドレスの見た目に多くの賞賛があったのに対して、ウクライナでは「黄色いドレスを着ることで天皇家を侮辱した」などという情報が拡散されたことを喚起した。夫人は、ウクライナの批判者が黄色は天皇家のみが使用を許された色で、他の者は誰も着てはいけない、という主張していたことを指摘しつつ、実際での日本でのその色の扱いについて説明した。

これに先立ち、オレーナ大統領夫人が2019年10月の訪日時、即位礼正殿の儀にこの黄色のドレスを着て現れると、ウクライナのソーシャルメディアや複数報道機関が「日本で禁止されている色のドレスを着ている」とする情報を拡散していた。その際、ウクルインフォルムは、その情報を検証するファクトチェック記事(ウクライナ語)を公開している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-