活動家ステルネンコ氏に実刑7年の有罪判決

活動家ステルネンコ氏に実刑7年の有罪判決

ウクルインフォルム
オデーサ市プリモルシキー地区裁判所は23日、元右派セクター・オデーサ支部代表のセルヒー・ステルネンコ氏に関する誘拐事件の裁判につき、同氏に7年3か月の禁錮と資産半分の接収という有罪判決を言い渡した。

裁判所には、ウリャーナ・スプルン元保健相代行はじめ、ステルネンコ氏の支持者約200人が集まった。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヴィクトル・ポプレヴィチ裁判長は、「裁判所は、ステルネンコ氏を複数人物の事前談合による暴力的襲撃と誘拐、武器の違法保管にて完全に有罪と認めた。裁判所は、7年3か月の禁錮と資産半分の接収を言い渡した」と発言した。

同裁判ではまた、右派セクターのリマン地区元代表のルスラン・デムチューク氏に対しても同様の判決が言い渡された。

法廷では、判決に対して支持者たちから「恥を知れ!」との批判の声が聞かれた。

検察側は、被告人がリマン地区住民セルヒー・シチェルビチ氏を誘拐し、蛮行を行い、また違法に銃器を保管していた容疑で、8年の禁錮と全資産の接収を求刑していた。

これに対して、ステルネンコ被告は、同犯罪への自身の関与を否定しつつ、検察が根拠として提示したものは、セルヒー・シチェルビチ「行動信頼党」地区議員による、攻撃を受けた、「300フリヴニャ強奪」のために拉致されたといった無根拠の発言と住居内で捜査官が見つけた武器であったことを主張していた。

被告人は、検察は裁判所に対して、証言者も写真も音声も提出しておらず、シェルビチ本人の発言のみを根拠とし、十分な証拠が提示されていないと発言した。

加えてステルネンコ氏は、同事件は、オデーサ市長のヘンナジー・トルハノウ氏の政治的動機によるものだとの考えを示した。

写真:フロマツィケ、プーシキンシカ.ネット


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-