ウクライナの人口、2050年までに3000万人まで減少する見込み=研究所

ウクライナの人口、2050年までに3000万人まで減少する見込み=研究所

ウクルインフォルム
人口統計学研究所は、ウクライナの人口は、中程度の予想減少速度の場合、2050年までに2900〜3000万人にまで減少するだろうと予想している。

人口統計学研究所のエッラ・リバノヴァ所長がニュースサイト「リーガ」へのインタビュー時に発言した

リバノヴァ所長は、「2014年までは、私たちは2050年には3600万人にまで減るとの評価していた。現在、私は、2900〜3000万人程度になると言うべきだと思っている」と発言した。

所長はまた、国外に年間に12か月未満滞在するする人物も含めた上でのウクライナに恒常居住登録がある国民の数(被占領下クリミア・ドンバスの住民を覗く)は現在、3800万人であると指摘した。

なお、2020年1月、ドミトロー・ドゥビレト閣僚会議相(当時)は、政府の実施したウクライナ人口調査の結果として、国内に居住している国民は現在3728万9000人だと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-